佐藤研究室

産業動物へのリスク評価で貢献する

ウシ、ブタおよびニワトリのような産業動物は、ヒトが生きていく上で重要なタンパク供給源になっています。これら産業動物を飼養管理し、安心・安全な食糧を供給する工程には様々なリスクが潜んでいます。ここでは危機管理の視点から学んでいます。

研究室活動

  1. 畜産や産業動物について学ぶため、3年生は週に1回、近隣の畜産農家において半日のボランティア活動に参加しています。現場で必要なことを体験しています。
  2. 週に1回、3年生は自分の興味ある論文を紹介し、4年生は論文紹介と卒業研究の進捗状況を報告しています。
  3. 年に1回、関連学会へ参加し、最新の研究成果など情報収集に努めています。

研究紹介

  1. 交雑種母豚における繁殖形質と遺伝子の関連性
  2. 豚の死産と致死遺伝子の関連性
  3. ホルスタイン種の受胎率と関連遺伝子の効果
  4. 肉用子牛におけるストレス要因の評価
  5. 肉用子牛における薬剤耐性菌の保有状況
  6. 肉用子牛の下痢の原因寄生虫~クリプトスポリジウムについて~

メンバー:今回のテーマは【オリジナルつなぎ】

オリジナルつなぎ

研究室のメンバーです。研究室でオリジナルのつなぎを作成しています(背中のイラストはNYさんがデザインしたもの)。このつなぎを着て、大学の周辺の畜産農家へお邪魔し、家畜の世話の仕方を学んでいます。また、研究では、畜産農家にとって役立つ成果を目指し、牛、豚、鶏を対象に取り組んでいます。

NY: つなぎ作ったよ!

CI:  デザインめっちゃイイじゃん!

YY: でっかい牛がいるね。もーもーももー

HS: あれ? この牛、何か変ってる!

MK: 顔の模様が動物に見える!

SM: 本当だー! ブタとニワトリの模様してるー!

DM: オリジナルのつなぎでフィールドワーク行けて楽しいね!!

KS: ブタやウシの事いろいろ学べるしね!

RN: オリジナルだとやる気も出るね!

HY: みんなで頑張ろう!