2年生の動物危機管理実習で海岸実習を行いました

4月27日 犬岩海岸で生物相を調べる実習を行いました。砂浜を歩いて生物を探すライントランセクト、砂の中にいる生物を探すコドラートを実施しました。作業中は波で濡れてしまうこともありましたが、久々に外で体を動かす実習となり、学生も楽しげでした。海岸で見つけた生物種の同定は大変ですが、この実習から学生が何を考えてくれるのか、教員も楽しみです。

津波を想定した避難訓練を行いました

4月27日 1年生の教養ゼミナールで津波を想定した避難訓練を行いました。千葉科学大学は海が目の前に広がっているため、大きな地震が起きた際に迅速な非難が求められます。ゆっくり歩いて30分程度、目指すのは大学周りで一番の高台です。各班ごとに避難経路を歩きつつ、避難経路にどんな危険があるかも考えてもらいました。非常事態の備えは日常の意識で大きく変わってきます。小さなことから危機管理を考える学生生活のスタートです。

1年生の動物行動学実習が始まりました

4月15日 動物行動学実習が始まりました。この実習は、行動学を学び、ドックトレーナーとして活躍される佐藤先生から1年間かけて動物の行動学を実践的に学んでいきます。コンパニオンアニマルとして飼育されている動物たち以外にも、野生・動物園・実験動物など「動物の行動」について基本的な知識からから学びます。実践に協力してくれるのは、可愛い犬達です。初めて犬と歩く学生もいましたが、皆さん上手に接することができました!