小沼(阿部)研究室

伴侶動物の予防医療や災害対策の研究により社会貢献を目指しています

研究室活動

主に伴侶動物におけるエビデンスのある獣医療を提供するための診断基準の構築や貴重な臨床データの集積による疫学調査、サプリメントなどの新規素材の開発など、これら各分野への臨床応用を目指しています。また、もうひとつの柱として臨床に必要なコミュニケーション能力に関する臨床心理学的研究や教育活動も積極的に行っております。また、2018年度より小沼が社会人向けの災害時獣医療支援人材養成プログラムを立ち上げ、災害動物支援研究会と共に活動しております。

研究紹介

当室では、獣医臨床における研究全般をテーマとしているため、学内だけでなく学外においても、大学、動物病院や企業との連携、共同研究を数多くしており、幅広い研究テーマに取り組むようにしております。

◆ 現在進行中の研究テーマ
  • ウサギの腸管内マイクロバイオーム解析による健康状態・疾患と腸内細菌叢の構成関連の研究(共同研究:先進医療研究所)
  • イヌの腫瘍性疾患における疫学調査により予防医療の構築をする研究(共同研究:ペット保険会社)
  • 伴侶動物のクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile)感染調査(共同研究:医療危機管理学科)
  • 実験動物における吸入麻酔リスクの検討(共同研究:獨協医科大学実験動物センター)
  • イヌにおける新規素材の抗酸化作用のある水素系サプリメントの開発(共同研究:獨協医科大学実験動物センター;受託研究:サプリメント関連会社)
  • 動物看護師/獣医師と飼主との獣医療における臨床心理学や獣医療面接(コミュニケーション能力)に関する質的・量的研究(共同研究:北里大学他)
  • イヌのアレルギー疾患のアレルゲン特異的IgE検査における統計解析(共同研究:動物病院, 埼玉)
  • フェレットのコロナウイルス感染症の疫学調査(共同研究:動物病院, 埼玉)
  • ウサギの消化器疾患のX線診断基準の構築(共同研究:動物病院, 埼玉)
  • 希少な臨床症例の病理学的および臨床科学的研究(共同研究:日本大学獣医病理学研究室;動物病院, 仙台)
  • 動物看護師の災害時獣医療支援人材教育制度(ペットの防災・減災)の構築および動物介在療法と同行避難との関係(履修証明プログラム講師陣との共同研究)
  • 猫の新規素材の抗酸化力のあるサプリメントの泌尿器疾患の予防効果の解明(受託研究:サプリメント会社)
  • 動物看護教育に関わるシュミレーターの開発

News ニュース

2018-2019

2019.8.14,19

小沼が賛助会員として関わっている捜索救助犬協会、代表の江口先生に、動物看護師の災害時のボランティアとして有益な活動についてインタビューをしたり、ボランティアとして災害救助犬の医学的ボランティアをしてまいりました。

2019.8.7-8.

阿部先生と小沼および小沼研究室室生全員が1泊で福島県浪江町で東日本大震災直後から私設シェルターにボランティア活動をしてまいりました。責任者の赤間さんにお話を伺ったり、ボランティアの中で、保護活動や復興の現状は現場にいかないと本質は分からないということを実感しました。引き続きできる限りボランティアを継続してまいります。活動報告は追って商業誌に掲載予定です。

2019.7.1

 特定非営利活動法人NPO日本コンパニオンラビット協会の監事に就任しました。理事長の霍野 晋吉先生と共にペットのウサギへできることから少しずつ社会貢献をしてまいりたいと思います。

2019.6.14

先日アクセプトされた共同研究している北里大学の木村先生の論文が発刊されました。獣医師会雑誌では2報目の質的研究と貴重な論文です。「動物診療施設を受診する飼い主が抱く解釈モデルの質的研究(木村祐哉、真田菜生、今井 泉、小沼 守、宮下ひろこ、矢野 淳、伊藤直之、日獣会誌、72:349-355、2019)」

2019.6.11

小沼研究室のユニホームであるスクラブが完成したので記念撮影しました(写真は画像集)。恥ずかしながら小沼の好きなコードブルー仕様です(^^)。

2019.6.1

 臨床獣医師向けの小動物内科専門誌であるSA Medicineに【食わず嫌いにさせない 獣医分野の文献を読み解くための「統計用語」解説】という連載が1-2年を予定に始まりました。第1回は感度、特異度、カットオフポイントです。統計の専門家ではありませんが、元開業医として苦労したからことできる解説をしたいと思います。 小沼 守. Journal of Small Animal Medicine (SA Medicine). No.121, Vol.21, -No.3, 66-69. 2019. インターズー, 東京.

 2019.6.1

 今年の3月に卒業した押之見君の卒論が畜産系獣医学術雑誌に掲載されました。牧場主という夢に向かってがんばれ、応援しています。押之見岳彦、三上隆弘、佐藤周史、小沼 守. アニマルウエルフェアの考えに配慮した牛舎環境の検討. 臨床獣医.37(6): 44-46. 2019.

2019.5.24

銚子の夕日を海上で見てきました。さすが日本一の夕日、いいもんですね(写真は画像集)。

2019.5.15-16

共同研究をしている獨協医科大学の寺田先生と共に「ラットにおけるイソフルラン吸入麻酔時のキャリアガス流量変化による影響(第66回日本実験動物学会通常総会, 寺田節, 前田幸弘, 小沼 守ら. 2019/5/15-16)の演題でポスター発表しました。今度は10月に開催される実験動物技術者協会総会にて4年の前田君が筆頭で発表を予定しています。

2019.4.1

4月から認定動物看護師の阿部仁美先生が研究室のメンバーになりました。一緒に伴侶動物の研究や教育活動を盛り上げてまいりたいと思います。

2019.3.25

小沼が分担執筆した「認定動物看護師教育コアカリキュラム2019 準拠 基礎動物看護学1 動物形態機能学 動物繁殖学(第4章生体の防御機構, 全国動物保健看護系大学協会カリキュラム委員会編, pp73-86, インターズー, 東京)」が上梓されました。あともう1冊も執筆中(汗)。

2019.3.21

日本獣医エキゾチック動物学会にて開催された2018年度症例発表会(大崎)にて小沼の関連する「一動物病院におけるフェレットコロナウイルス(FRCoV)感染例の実態調査(川崎まい、飯室翔稀、小沼 守他:ポスター)」、飼育下のウサギにおける飼養環境と腸内細菌叢の関連(浅野康子、小沼 守他:ポスター)、「アップストリーム治療により非持続性心室頻拍の改善を認めたウサギの1例(小野 貞治、小沼 守他:ポスター)」の3題を発表してまいりました。学生では当研究室の飯室君が共同研究者としてがんばって質問に対応しました。これで現4年生全員学会発表を終え、ほっとしています。

2019.3.20

小沼の監修した「動物病院スタッフのための犬と猫の感染症ガイド(監修:小沼 守/前田 健/佐藤 宏、緑書房)」が上梓しました。現場でインフォームドコンセントに有用なツールになれば幸いです

2019.3.15

認定動物看護師試験、合格率100%達成!尽力いただいた受験者および協力いただいた小沼研究室の学生の皆様に感謝申し上げます。

2019.3.13.

千葉科学大学紀要第12号に、昨年卒業した増田君の論文「神栖市におけるペットロスの現状と課題(増田 翔, 小沼 守, 内川隆一. 12: 55-59. 2019)」が掲載されました。

2019.3.10.

平成30年度千葉県獣医師会獣医学術年次大会(TKPガーデンシティ千葉)にて動物看護分野で当研究室の押之見君が「乳用牛におけるアニマルウエルフェアの考えに対応した牛舎環境の検討」の口頭発表を行ってまいりました。そこで獣医師会長奨励賞を頂けました(小沼が代理で表彰式に参加)。今後の当研究室の学生の励みになるでしょう、誇らしいです。

2019.2.20.

ビジュアルで学ぶ動物看護学 第2版(緑書房)が発刊されました。小沼はエキゾチックアニマルの項を執筆しております。なお、次の新たな教科書も作成中、ご期待ください。

2019.2.16-18.

 第15回日本獣医内科学アカデミー学術大会(パシフィコ横浜)にて動物看護分野の口頭発表の座長および審査員をしてまいりました。次年度は新しく日本動物看護学会の共催セッションがありそうです。また、続いて18日には東京農工大学で動物病院経営学の講義をしていまいりました。

2019.2.2

 第30回日本臨床微生物学会総会・学術集会(グランドニッコー東京、台場)にて医療危機管理学科の大島先生との共同研究である「市中Clostridium difficile感染症における感染源としての伴侶動物の役割(大島利夫、小沼 守、浅井さとみ、宮地勇人)」のポスター発表をしてまいりました。

2019.1.12

 災害時動物支援研究会(DAAG)の顧問である小沼が、ペット救急員のインストラクター資格を取得しました。DAAGのメンバーは本学で講習を受ければ認証も授与できるようになりました。詳細はトピックへ。

2018.12.07

  小沼が執筆させていただいた「エキゾチック動物の3大疾患Ⅲ フェレット:リンパ腫」(エキゾチック診療.Vol.10, No.4, 14-25, 2018, インターズー)が発刊されました。

2018.12.01

  イオン幕張新都心 ペットモールにて、第3回公開講座を小沼が「飼い主として知っておくべき心と物資の準備とは」の講演を担当しました。

2018.11.05

共同研究による論文「動物診療施設に受診する飼い主が抱く解釈モデルの質的研究」(木村祐哉、小沼 守他、日本獣医師会)が受理されました。

2018.11.03-04

小沼が監事を努めるエキゾチックペット研究会の20周年記念大会(東京)が最大230名を超える参加者が参加し成功の折に終了しました。これまでの20年は目覚しい変革の20年でしたが、今後は日本獣医エキゾチック動物学会として新たな歴史を会員さんと共にこの分野の発展に寄与してまいります。

2018.10.27-28

大宮で開催された日本動物看護学界第27回大会にて、学会主催シンポジウム「ここまで来た!代替教材の今」で小沼がパネリストとして講演をしました。また、研究室4年生全員参加し、榎本さんが「動物看護師ができるペットの災害支援教育の現状と課題」(口頭)、若尾さんが「ペット保険データを用いた犬の腫瘍のリスク因子と予防因子」(ポスター)、松田君が飼育犬における市中Clostridium difficileの実態調査」(ポスター)の発表をしてまいりました。

2018.09.30

CISフォーラムにてゼミ生の武尾さん(共同:榎本さん)が「動物看護師ができるペットの災害支援の現状と課題-動物介在支援の視点から-」および小沼が医療危機管理学科、大島先生との共同研究の「Clostridium difficile感染症における検査と発症リスク因子の評価」の発表をしてまいりました。

2018.09.27

エキゾチックペット研究会誌に会員による学術雑誌掲載論文紹介にて「ウサギ24頭における心臓サイズの評価」(Vol.20pp26-29.2018)が掲載されました。

2018.09.18

日本動物看護学会で編集委員をしている小沼が、加えて常務理事に就任いたしました。引き続き動物看護学に微力ながら貢献してまいります。

2018.09.16

医療情報研究所の獣医療面接のセミナーをしてまいりました。この内容はDVD化される予定です。

2018.09.10

動物看護専門誌as(インターズー)にて、特集防災・減災についての危機管理内、「もしもに備えたいペットの防災・減災」Vol.30, No.9:10-23, 2018を執筆しました。見本ページはTOPICにあります。

2018.09.08

CLINIC NOTE. 158, Sep.pp94-99(インターズー)にて、後輩を育てる動物病院のフレームワーク第14回で前職場の取材レポートが公開されました。

2018.09.02

セントラル科学貿易主催、ABAXIS臨床血液学セミナーvol.11で「フェレットとハムスターの血液検査」の講演をしてまいりました。

2018.08.26

獣医アトピー・アレルギー・免疫学会第11回ベーシックセミナーで「IgE抗原に対する交差反応性を検討した2症例(村上彬祥、小沼 守ら)」の口頭発表をしました。

2018.08.13-14

岡山県真備町に視察に伺いました。動物に関わる避難所3箇所・被災された動物病院2件を調査しました。行政と岡山県獣医師会、ボランティアとの連携がすばらしく2箇所で同伴避難できておりました。

2018.05.28

企業と共同研究しているサプリメントの研究論文である「犬の慢性皮膚炎に複合抗酸化サプリメントを使用した1例」ペット栄養学会誌(小沼ら)が受理されました。

2018.05.09

文科省の社会人学びなおし制度である履修証明プログラム 災害時獣医療支援人材プログラムが動物看護師向けに開始しました。

2018.04.25

3年生3名が幣研究室の所属となりました。2学年揃い本格的なゼミ活動がはじまりました。 

2018.04.01

症例報告として「こんな症例に出会ったら?とある診察室を覗いて学ぶアプローチ法(第16回)水をたくさん飲んで、脱毛とブツブツがあります。~分かりやすい皮膚徴候の落とし穴~(小沼 守. Companion Animal Practice. 346: 57-64. 2018)」が掲載されました。

2018.03.28

1月29日に実施した米国獣医救命救急医療専門学会認証 獣医蘇生再評価研修を終了し履修証をいただきました(American College of Veterinary Emergency and Critical Care, RECOVER CPR Training & Certification, No.JPNR0075)

2018.03.22

2018年度エキゾチックペット研究会症例検討会にて「高血糖症および急性膵炎を認めたデグー(Octodon degus)の1例(村上、近藤、小沼ら)」の発表をしてまいりました。

2018.03.11

小沼が日本獣医皮膚科学会第21回学術集会のシンポジウムにて「ウサギを中心としたエキゾチックアニマルの外部寄生虫症」の講演を行い、共同研究した「ウサギにおいて前縦隔部腫瘤およびリンパ球形質細胞性毛包炎を認めた一例(村上ら)」の発表をしてまいりました。

2018.02.21

東京農工大獣医学科で動物病院経営学を講義してまいりました。

2018.01

動物危機管理教育研究センターが立ち上がりました。このセンターを拠点として動物危機管理に関わる研究や教育活動を進めます。弊研究室では災害時、動物を助けられる動物看護師の人材育成および災害に関わる動物看護的研究をしてまいります。

研究室メンバー

小沼 守  Onuma Mamoru

詳細プロフィール・業績

ダウンロード
詳細プロフィール.pdf
PDFファイル 839.6 KB

         阿部 仁美 Hitomi Abe

            詳細プロフィールは以下↓

            http://www.cis.ac.jp/teacher/detail/143

★学部研究生

2018年は4年6名、3年3名、合計9名の学部生が所属しております。

4年生

Masafumi Atarasi

Yusuke Saito

Yukihiro Maeda

卒業生

Shoki Iimuro

Miho Enomoto  

Takehiko Oshinomi

Nami Takeo

Sota Matsuda

Himeka Wakao

3年生

Hiyori Ishige

Nanako Iwatani

Mizuki Osaka

Haruna Suwa


◆ Life 研究室の活動

  • 週2回程度の活動が基本です
  • 統一認定機構認定動物看護師試験対策講座:週1回順番で過去問を中心に試験対策を行い、月1回、災害時動物支援研究会と共に公開講座で発表します
  • ジャーナル・クラブ:週1回、各自が論文1つを紹介しディスカッションします
  • 小沼が責任者である社会人向けの災害時獣医療支援人材養成プログラムの運営補佐
  • その他:研究室の掃除、実習手伝い、災害時動物支援研究会活動など
◆ Matching マッチング(この研究室に合いそうな学生さん)

  • 何より伴侶動物が好きだ
  • 認定動物看護師の資格を取りたい
  • 伴侶動物の病気を深く知りたい
  • 「なんで?」と探究心を持てるひとになりたい
  • せっかくの大学生活だから何かに打ち込んで燃え尽きたい
  • 研究によってうまくいけば臨床現場で何かに役に立てたらいいなと思っている

研究生・大学院生・共同研究企業募集中

伴侶動物に関する研究をしたい学生(大学院)、社会人で学位取得を目指す方、共同研究を希望する企業を募集しています。まずは相談ください。 

 

問い合わせ先:monuma[a]cis.ac.jp *[a]を@に変えてください。