水生動物学実習

千葉県内の海の生物と環境について学ぶため、実習の一環として浦安市三番瀬環境観察館にお邪魔しました。

東京湾の埋め立ての歴史や水質・生物の変遷について、レクチャーしていただきました。

また、三番瀬干潟では、珍しい生物から外来生物まで、興味深く観察することができました。

レクチャーやガイドでお世話になりましたスタッフの方々にこの場を借りて御礼申し上げます。

海洋生物実習を行いました

銚子と勝浦で海洋生物に関する実習を行いました。

同じ千葉県内の海でも観察された海洋生物が大きく異なり、学生も楽しく学べたようです。

千葉県中央博物館の奥野研究員様と銚子の海に詳しい山田様には大変お世話になりました。感謝いたします。

教養ゼミナール:千葉県動物愛護センター

1年生の教養ゼミナールの実習で、千葉県の動物愛護センターに見学に行って参りました。殺処分0を目指し活動している愛護センターの取り組みの講義後に、保護猫、保護犬の保護施設などを見学しました。ご対応いただいた施設の関係者に感謝申し上げます。

 

普段見れない裏まで確認でき、刺激になったようです。あと発表会の成果発表が楽しみです。

動物危機管理実習(その3):農林水産省動物検疫所成田支所

2年生の動物危機管理実習の3つ目の訪問先は、成田空港の動物検疫所です。昨日行ってきました。

海外からの動物や畜産物を介して国内に病原体が侵入しないよう、水際対策の業務を見学することができました。空港内には1年前よりもはるかに多い旅行客がおり、状況の変化を感じました。そのような中で、検疫探知犬とハンドラーの活動の様子が機敏であり、犬の嗅覚の鋭さに感心しました。訓練を受け、仕事をしている動物たちに感謝です!!

職員の皆様、丁寧な説明をしていただき、ありがとうございました。

成田ゆめ牧場に行ってきました

1年生が成田ゆめ牧場に行き、ただ癒しを求めて眺めるのではなく、観光牧場の役割、動物の福祉の観点で、動物が飼われている様子を観察しました。残念ながら、牛舎が改築工事のため牛を近くで見ることはできませんでしたが、入学して2ヵ月の1年生たちが親睦を深める良い機会となりました。 おいしかった、ソフトクリーム・・・

動物危機管理実習(その2):霞ヶ浦環境科学センター

動物危機管理実習の2回目の訪問は霞ヶ浦環境科学センターです。

霞ヶ浦は日本第2位の面積を誇る湖ですが、人為的影響を強く受ける立地にあるため富栄養化や外来生物など、様々な環境問題を抱えています。

現地では、霞ヶ浦をモデルケースとした水圏生態系の現状とその対策について環境活動推進課のスタッフの方にレクチャーしていただき、大変有意義な見学実習を行うことができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。

本日、学生の発表会があり、見学で学んだことに加えて、自分たちで調べたことをうまくまとめて発表してくれました。今後、環境問題にも興味を持って動物の危機管理学を学んでほしいと思います。

動物危機管理実習:LSIM安全科学研究所

2年生の見学実習の一環として、茨城県神栖市にあるLSIM安全科学研究所を訪問しました。医薬品や農薬、その他の化合物について、非臨床試験として安全性試験や薬効薬理試験を行っている受託研究機関です。

まずは、施設の概要と業務に関わる薬機法についての講義を受けました。その後、主な施設のツアーを少人数のグループに分けてやっていただきました。見学することで初めてわかることが多くあったと思います。翌週、本見学についての発表会を無事終えることができました。

LSIM安全科学研究所の皆様、充実した見学実習をしていただき心より御礼申し上げます。